小学生女子の大きな悩み!毛を薄くするベストな方法教えます!

悩む小学生の女子

 

小学生になれば、いろんな変化が訪れます。

 

嬉しい変化も多いのですが、なかにはちょっと困るといった変化もありますよね。

 

そう、ムダ毛です。

 

 

成長途中で繊細な心を持つ小学生の女の子は、大人以上にムダ毛の問題が深刻になりがちです。

 

 

プールや体育など、肌をみせる授業が嫌になって登校を嫌がっていませんか?

 

生えてきたひげを同級生にからかわれて、泣いていませんか?

 

 

今ほどムダ毛の処理の方法がなかった昔には、ムダ毛で嫌な思いをした女性も多いでしょう。

 

わが娘には、そんな思いはさせたくないですよね。

 

 

では、小学生の女の子は、どうやってムダ毛を処理すべきでしょうか?

 

毛を薄くする方法には、どんなものがあるでしょうか。

 

 

ここでは、小学生でもムダ毛が濃い原因や、できれば避けたい処理方法、そしておすすめの毛を薄くする方法などを紹介していきます。

 

小学生でもう?ムダ毛が濃くなる原因とは

まだまだ体は子どもなのに、どうしてムダ毛が濃くなるの?という疑問を持つ方も多いでしょう。

 

 

まずは小学生でもムダ毛が濃い原因から説明します。

 

理由としては、次の3点があげられます。

 

  • 親やその上世代からの遺伝
  • ホルモンの影響
  • 体外からの刺激

 

親やその上世代からの遺伝

父親か母親どちらかの体毛が濃ければ、子どもにそれが遺伝します。

 

もし両親はどちらもさほど体毛は濃くない、という場合には、隔世遺伝が考えられるでしょう。

 

ホルモンの影響

また、ホルモンの影響もあります。

 

小学生の頃は、第二次性徴前のゆらぎゾーンです。

 

小学生の女の子はまだ女性ホルモンが優位ではなく、体毛に関係する男性ホルモンの影響を受けている場合があります。

 

体外からの刺激

さらに刺激が多いことも、体毛が濃くなる原因の1つです。

 

体毛は、皮膚を外的刺激から守るために生えます。

 

ケガをしたところや紫外線によく当たる場所などは、その刺激から守るために体毛が生えやすくなります

 

子どもは腕で顔をこすったり転んで足を擦り向いたりしますので、それが原因でムダ毛が濃くなっている可能性があります。

ここはやっぱり気になる!小学生の女の子がムダ毛で特に気にするパーツ

小学生の女の子たちが特に気にするのは、人目につきやすい「手の甲や指」そして「口の周辺」です。

 

 

学校で話すときに視線が止まりやすいところが、手の甲や指、口周辺のムダ毛でしょう。

 

特に前後の席で振り返ってプリントを渡す際などに、顔を見ると口元のひげが気になる、という場合が多いようです。

 

実際に振り向いた際に「ひげが濃いね」と男子に言われ、登校拒否になったという女の子の話もあるほどです。

 

 

手の甲や指も給食当番や授業の作業中などに、よく人に見られるところです。

 

真冬でもないのに長そでを着て手の甲を隠している子がいれば、手元のムダ毛を気にしている可能性があります。

 

 

さらに、成長が早い子であれば、すでに脇毛やアンダーヘアも生えててきているでしょう。

 

周りとちょっと違うというのは、小学生としてはかなりのストレスになるものです。

 

 

プールが好きだったはずなのに水着になりたがらない場合、ムダ毛を気にしてかもしれません。

 

親から声をかけて、相談に乗ってあげましょう。

小学生の毛を薄くするとき「避けるべき」方法5つ

大人でホルモンが安定し皮膚も厚い女性であれば問題がないことでも、まだ皮膚が弱く成長過程の子どもにはおすすめしない除毛方法が5つあります。

 

  1. カミソリ
  2. 毛抜き
  3. 除毛クリーム
  4. 脱色
  5. ワックス

 

順番に、おすすめしない理由を説明していきましょう。

 

カミソリ

カミソリを使うと多くの肌トラブルを呼び込んでしまいます。

 

主なデメリットは、以下の通りです。

 

  • 肌の角質が削られる
  • 肌荒れや色素沈着を起こしやすい
  • 次に生える毛が太く見える
  • 毛先がチクチクする

 

子どもの角質層は、大人の半分以下しかありません。

 

ですからカミソリで角質層も一緒に削ってしまうと、その影響は大きくなります。

 

 

カミソリで処理したがために、肌荒れを起こし炎症色素沈着を起こしてしまえば、子どもの悩みはさらに深いものとなってしまうでしょう。

 

毛抜き

カミソリだと肌が負けるから、私は毛抜きを使ってきた、という女性もいるでしょう。

 

毛抜きを使えばしばらく毛が生えてこないため、処理の頻度は少なくなります。

 

しかしやはり毛抜きも、デメリットの方が多いのです。

 

 

1本1本の毛を毛抜きで抜くのは、膨大な時間がかかる上に痛くてつらい作業です。

 

また、毛を抜くという行為は、毛を根元から引きちぎることです。

 

毛穴の底を傷つけ、出血することもあります。

 

子どもに不要な恐怖心を植えつけてしまうかもしれません。

 

 

さらに毛は根本部分が少し太いので、抜くときに内部の壁をこすり、傷をつけます。

 

元のサイズより毛穴が大きくなることもあり、毛穴が目立つようになります。

 

 

皮膚の中にムダ毛が隠れてしまう埋没毛の原因ともなりますので、毛抜きでの処理はやめましょう。

 

除毛クリーム

除毛クリームは、肌への刺激が大変強い商品です。

 

大人でも皮膚が弱い方であれば、かぶれや炎症を起こすことがあります。

 

 

市販の除毛クリームは、薬剤でたんぱく質を溶かしてムダ毛をなくしています。

 

そのとき、同じタンパク質で作られる肌の表面も溶けてしまいます。

 

除毛したときは大丈夫であっても、あとでプールに入ったときに塩素が反応してかぶれてしまうケースがあります。

 

 

また、刺激が強いため、除毛クリームはデリケートゾーンや顔などには使用できません

 

子どもにとってメリットは、ほぼないでしょう。

 

脱色

ムダ毛の脱色は、カミソリや毛抜きで処理することに比べたら安全だと言う方もいますが、やはり子どもには危険です。

 

 

大人の方で髪の毛をカラーリングするときに、頭皮が痛くなったりかゆくなったりしたことはありませんか?

 

あれと同じことで、脱色に使う薬剤は毒性を含んでおり、皮膚につくと荒れたりかぶれたりします。

 

 

手足のムダ毛は髪の毛ほどボリュームもないため、当然薬剤が皮膚についてしまいます。

 

大人でも皮膚の分厚い腕や脚しか脱色剤は使用できませんが、子どもであれば肌が敏感なため、炎症が起こりやすいのですね。

 

 

顔には当然使えず、目に入れば失明する可能性もある、というほど危険性が高い薬剤です。子どもには使わないようにしてください。

 

ワックス

脱毛ワックスは広範囲を一気に処理することが可能で人気ですが、子どもにはおすすめできません。

 

多くの毛を毛根ごと引き抜くため、大人であっても強い痛みがあります。

 

子どもは大人に比べて肌が弱いので、使用後に炎症が起きたり毛穴が広がってしまったりといったトラブルが考えられます。

小学生の使用可能・・・だけど「難あり」の毛を薄くする方法

では続いて、よく使われたりするけど実は難がある、という方法3つの、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

それが以下の3つです。

 

  • 電気シェーバー
  • 家庭用脱毛器
  • サロン脱毛・医療脱毛

 

電気シェーバー

電気シェーバーは眉毛や産毛の手入れなどで、多くの女性が持っていますよね。

 

電気シェーバーを使ってムダ毛を薄くする方法では、カミソリに比べると安全です。

 

さらに毛抜きのような痛みもありません。

 

 

ただし、短期間でまた生えてきてしまうため、処理の頻度が上がってしまいます。

 

また子どもが自分で使うと手が滑ることもあり、ケガをする可能性はゼロではありません。

 

 

毛を電気シェーバーでケアしたあとは新しく生えてきた毛の先がとがってしまい、チクチクしたり、毛穴が黒く目立ってしまうこともあります。

 

家庭用脱毛器

脱毛サロンに行くより手間暇がかからず、自宅で好きなときに脱毛可能なことが人気の家庭用脱毛器はどうでしょうか。

 

家庭用脱毛器を使って毛を薄くする方法のメリットは、3つあります。

 

大人が持っているものを使えてコストパフォーマンスが良いこと、毛根から丸ごと抜くため、処理の頻度が少なく済むこと、そして作業にあまり時間がかからないことです。

 

 

しかし、デメリットも2つあります。

 

最も大きなデメリットは、痛いことでしょう。

 

家庭用脱毛器は毛根を丸ごと1本ずつ引き抜いていきます。力技でムダ毛を抜くため、やはり肌にストレスがかかります。

 

 

さらに、「埋没毛」になってしまう可能性もあります。

 

埋没毛とは、皮膚の中で毛が成長し、肌が黒ずんで見える状態で、放置すれば意識沈着や毛嚢炎(もうのうえん)を起こすリスクがあります。

 

毛を薄くして肌を奇麗にするはずが、毛が皮膚の中に閉じ込められて黒く見える状態になるのは、結果としては最悪です。

 

 

以上のことから、毛抜きタイプの家庭脱毛器は子どもに使うことはあまりおすすめではありません。

 

なお、家庭用脱毛器にはレーザーや光をあてて毛根を焼き切るタイプのものもありますが、一般的には子どもの使用は禁止されています。

 

サロン脱毛・医療脱毛

最近は子ども専用のサロン脱毛や医療脱毛も話題ですね。

 

プロにやってもらえるサロン脱毛や医療脱毛のメリットは、奇麗に広範囲の脱毛が可能なことです。

 

アフターケアもしっかりしてもらえますし、痛みも少なくて済みます。

 

 

しかし、他の毛を薄くする方法にはないデメリットがあります。

 

それは、料金が高額なこと、また生えてくる可能性が高いということです。

 

 

費用相場は施術するサロンによって違いますが、全身脱毛で6回通って約20万円、12回通って約35万円です。

 

鼻下・ひじ下・ひざ下などの部位別でもメニューはありますが、ムダ毛の悩みは体の1カ所だけ、ということは少ないでしょう。

 

 

また年齢によっても料金は変わり、幼ければ幼いほど料金が安くなります。

 

小学生の高学年であれば、大人とほぼ同じくらいの金額が必要です。

 

 

さらに決められたタイミングで定期的に通う必要もありますので、付き添う親の予定も合わせなくてはなりません。

 

 

後に述べますが、子どもはまだホルモンが安定していないため、サロンやクリニックで脱毛をしたところでもまた毛が生えてくる可能性が高いです。

 

 

以上の3つの方法は先にあげた5つの方法よりも安全ではありますが、子どもにはある程度我慢をさせる必要があります。

 

痛みやケア後の見た目、効果が一時的である割にはお金がかかることを考えると、ベストな解決策とは言えません。

小学生のムダ毛の特徴に合わせたケアが必要

大人と違い、小学生のムダ毛には2つの特徴があります。

 

それは、「成長につれてムダ毛が薄くなる可能性がある」ことと、「永久脱毛の方法は使えない」ことです。

 

成長につれてムダ毛が薄くなる可能性がある

前述したように、第二次性徴前でホルモンが安定しておらず、成長に従って女性ホルモンが増えていきます。

 

するとムダ毛が少なくなったり、体毛が薄くなったりする可能性があります。

 

永久脱毛の方法は使えない

そして以下の3つの理由から、永久脱毛の方法は子どもには使えません

 

  • 生理が始まる前であればホルモンバランスが安定せず、成長してからまた毛が生える可能性がある
  • 産毛にはレーザーや光などの脱毛器が反応しづらい
  • 日焼けなどでトラブルが起こりやすい

 

せっかく痛い思いをして脱毛をしても、成長すればまた生える可能性があるのであれば、支払った料金は全てムダになります。

 

 

そして、毛深くとも子どもの毛です。

 

まだ柔らかくて薄い産毛である場合が多く、レーザーや光などが反応できません。

 

 

さらに最も考慮すべきなのは、子どもは大人に比べて日焼けしやすい状況にいる、ということです。

 

体育や外での遊びなど、紫外線を浴びる機会が多くあります。

 

永久脱毛をしている期間は、やけどや炎症の予防のために施術箇所は紫外線を避ける必要があります。

 

日焼けがNGというのは子どもには難しいため、永久脱毛は成長してからが望ましいです。

 

 

では、小学生の女の子の除毛方法で完璧なものはないのでしょうか?

 

できれば以下の特徴を備えたものが理想的です。

 

  • 肌に負担がかからない
  • 刺激が少ない
  • 顔にも使用できる

 

実はこれらの基準を満たす方法があります。

 

それが「除毛」ではなく「抑毛」です。

 

 

刺激に弱く繊細な肌を持つ成長期の女の子のムダ毛は、抑毛ローションで対応していくのが一番です。

小学生女子にもおすすめの抑毛ローションがこちら

抑毛ローションは世の中にいろいろありますが、小学生女子の毛や肌事情を考えると、一押しなのがパイナップル豆乳ローションプレミアムです。

 

>>>パイナップル豆乳ローションの詳細はこちら

 

パイナップル豆乳ローションプレミアムは、医学誌にも掲載された実力を持つ、塗るだけでムダ毛が生えるのを抑制できる化粧水です。

 

販売累計数は446万本を突破した、人気商品ですね。

 

 

では主な有効成分や特徴、お得なプランに口コミなどを紹介しましょう。

 

パイナップル豆乳ローションプレミアムの有効成分や特徴

主なムダ毛ケア成分は、パイナップルエキスです。

 

パイナップルエキスにはタンパク質を分解する酵素があり、ムダ毛を少なくしながら古い角質や角栓にも働きかけます

 

 

美容酵素の王様と言われるパパイン酵素や大豆エキス・アイリスエキス・ザクロエキスなどが配合されていますので、角質を分解したあとの肌に潤いを与えキメを整え、しっかりと保湿してくれます

 

 

使ってすぐにムダ毛がすべてなくなるわけではありませんが、使い続ける内に自然と毛が薄くなっていき、肌をつるつるに保ってくれるローションなのですね。

 

 

プレミアムは発売当初「原液」という名前だったことからもわかるように、とにかく成分が濃厚な商品です。

 

 

パイナップル豆乳ローションプレミアムの特徴をまとめると、以下の4つになります。

 

  • 痛みや肌への刺激がほぼない
  • 顔やデリケートゾーンにも使用可能
  • 手にとって塗るだけで簡単
  • 肌もつるつるになる

 

痛みや刺激が少ないのは、小学生の女の子には嬉しいですね。

 

使っていくうちにムダ毛が減ってきますので、見た目の変化も自然です。

 

パイナップル豆乳ローションのお得なプランは?

お得なのは毎月1本届く定期コースです。

 

通常のパイナップル豆乳ローションより4倍濃度となったパイナップル豆乳ローションプレミアムが、毎月送料無料で届きます。

 

 

さらに、初回は何と半額の1,900円(税抜)で購入できます。

 

2回目以降は通常価格の3,800円(税抜)ですが、送料は無料ですし「ムダ毛ケアサポートBOOK」がプレゼントされます。

 

 

そして消費者にとって嬉しいのが、30日間の全額返金保証ですね。

 

肌に合わないかもという不安がある方でも、返金制度があれば気軽に試せます

 

>>>返金保証もある定期コースをチェックしてみる

 

パイナップル豆乳ローションの口コミは?

口コミも紹介しますので、参考にしてください。

 

長い間カミソリを使っていたので、脇も手足も黒いぶつぶつが盛り上がり、美しい素肌とは言えない状態でした。評判が良かったのでパイナップル豆乳ローションプレミアムを使いだし、3カ月ほどでムダ毛がわかりにくくなっているのに驚いています。肌はわりとすぐにつるつるになりましたが、ようやく抑毛の効果が見えてきました。現在は中学生と小学生の娘2人も一緒に使っています。(40代・女性)

 

姉からすすめられて、パイナップル豆乳ローションプレミアムを使いだしました。さっぱりしているのにしっとりと肌が潤い、おまけにムダ毛のケアもできるとは感動です!体毛の濃さを気にしていた小3の娘にも、プレゼントしました。すごく喜んでくれたので、良かったと思います。(30代・女性)

 

やはり低刺激で子どもでも使用OKということで、母子で一緒に使っている、という口コミが散見されました。

 

子どもでも使いやすいローションタイプですので、ムダ毛に悩む小学生の女の子には最適ですね。

まとめ

繊細で傷つきやすく、悩みが深刻になりがちな成長期の女の子たち。彼女たちの悩みは、ムダ毛に関するものも多々あります。

 

親として何とかしてやりたいけれど、体や日常生活に負担がかかるようなら…と困ってしまう方も多いでしょう。

 

 

脱毛や除毛は、まだ若く薄くて刺激に弱い肌をもつ子どもたちにはおすすめしません。

 

毛を薄くする方法には、毛を抜くのではなく抑毛するという方法もあります。

 

親子で笑顔になれるように、抑毛ローションのようなトラブルを避られるムダ毛ケアをしていきましょう。

TOPへ